このページの本文へ

東芝ダイレクトPC、Windows Me搭載オールインワンノートを発売

2000年10月11日 00時06分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)東芝は11日、Windows Me搭載のA4オールインワンノートパソコン『Satellite2800DVD ELCL3』、『同 8G5C3』の2機種を発表、オンラインショップ“東芝ダイレクトPC”で販売を開始した。これらは海外仕様の製品を国内販売するもので、英語キーボード(US ASCII)を搭載する。国内製品では『DynaBook DB70P/5MC』に相当するという。両機種とも英語版と日本語版の2モデルが用意され、計4モデルが販売される。価格は、ELCL3が24万8000円、8G5C3が19万8000円。

『Satellite2800DVD ELCL3/8G5C3』

『Satellite2800DVD ELCL3』は、CPUにSpeedStepテクノロジ対応モバイルPentium III-650MHz、10GBのHDD、128MBのメモリーを標準で搭載する。ディスプレーは1024×768ドット1677万色表示の14.1インチTFT液晶を採用(グラフィックスチップは米S3社のSavage IX)。最大8倍速のDVD-ROMドライブ(CD-ROMは最大24倍速)とFDD、56kbpsモデム(V.90/K56flex対応)、100BASE-TX/10BASE-Tインターフェースを内蔵する。電源はリチウムイオン充電池で約2時間の利用が可能(充電時間は約3時間)。本体サイズは幅328×奥行き273×高さ42.9mmで、重量は約3.2kg。

『Satellite2800DVD 8G5C3』は、CPUをモバイルCeleron-650MHzに、液晶ディスプレーのサイズを13.3インチ、HDDを6GB、メモリーを64MBに変更した機種。重量が約3.1kgでバッテリ駆動時間が約1時間となったほかは、ほぼ同一の仕様となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン