このページの本文へ

I・O・データ、携帯電話とPHSに対応したモバイル通信用PCカードを発売

2000年10月10日 17時24分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アイ・オー・データ機器は10日、モバイル通信PCカード『PCMA-9664P2』を下旬に発売すると発表した。価格は2万4000円。

『PCMA-9664P2』

『PCMA-9664P2』は、デジタル携帯電話、PIAFS(32k、64kbps)、パケット通信に対応するモバイル通信PCカード。1枚のPCカードで、日本国内の携帯電話、PHSのどれでもデータ通信が行なえる。 DTEインターフェースはPCカード規格準拠。電源はパソコン本体から給電し、消費電流は50mA。サイズはPCカード規格Type IIで、重さは約30g。ケーブル長は各50cm。対応機種は、Windows 95/98/NT4.0/2000を搭載し、PCカードスロットを装備したIBM PC/AT互換機とNEC PC98-NXシリーズ、およびWindows CE 2.0以降を搭載した携帯端末。または、漢字Talk 7.5.1以降を搭載したMacintosh PowerBook。パッケージには、PDCケーブル、cdmaOne対応ケーブル、PHSケーブル(NTTドコモ、アステル用)、H”&α-DATA32対応電話機ケーブル(DDIポケット用)などが同梱される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン