このページの本文へ

オリンパス、6000rpmドライブなど“TURBO MO”の新製品を発売

2000年10月10日 17時30分更新

文● 編集部 小磯大介

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オリンパス光学工業(株)(以下オリンパス)は、毎分6000回転の外付け型MOドライブ『TURBO MO MO646S1S』と、USB接続で文庫本サイズの外付け型MOドライブ『TURBO MO mini』を発表した。TURBO MO MO646S1Sは5万6000円(“Winセット”の場合)で28日に、TURBO MO miniは4万1000円で11月下旬にそれぞれ発売する。

両製品とも、同社のMOドライブ製品“TURBO MO”シリーズの新機種。同社によれば、TURBO MO MO646S1Sは同社のフラグシップモデルとして、またTURBO MO miniは普及型のエントリーモデルとして市場にアピールしていくという。

TURBO MO MO646S1S

『TURBO MO MO646S1S』。シルバーとブラックの色合いが、落ち着きと高級感を醸し出している

TURBO MO MO646S1Sは、同社が6月10日に発売した『TURBO MO 640S III』(以下640S)をモデルチェンジしたもの。640Sで採用した、同社独自のピックアップ(※1)“SFP(スーパー・ファイン・ポジショニング)ピックアップ”と、読み出しアルゴリズム“ターボシークアルゴリズム”を融合させた“スーパートラッキングシステム”を搭載した。同社によると、このシステムによってサーボ機構の高速化が可能となり、毎分6000回転という高速回転が実現できたという。

※1 ピックアップ:データを電気信号に変換する素子

また、TURBO MO MO646S1Sでは、オリンパス独自のキャッシュメモリー“2MBマルチオプティマイズドキャッシュ”を搭載。キャッシュの中身を細分化せず、大きな単位でキャッシングして書き込み回数を減らし、書き込み速度を向上させたという。読み込み時も、キャッシュを利用して可能な限り先読みを行ない、速度を向上させたとしている。毎分4643回転の640Sに比べると、回転数では約23%の速度向上だが、同社では、マルチオプティマイズドキャッシュにより約30%のスピードアップがはかれたとしている。データ転送速度は6.5MB/秒(リード時)で、34倍速のCD-ROMドライブに相当するという。ただし、ライト時は、2.6MB/秒で、17倍速のCD-ROMドライブ相当になるという。平均シークタイムは30ミリ秒。

対応するMOメディアは120/230/540/640MB。インターフェースはUltra SCSIで、コネクター形状はD-subハーフピッチ50ピン(メス)。ターミネーター機能を内蔵する。サイズは幅118×奥行き166×高さ34mm(横置き時)、重量は715g。TURBO MO 640S III(136×200×42mm、770g)比で、サイズで58%、重量で93%に小型軽量化した。ボディーカラーはシルバー。縦置き用のスタンドが付属する。オリンパスでは、上述したWinセットのほか、ラトックシステム(株)製のSCSIカード『REX-PCI30HX』を同梱するモデル“WinPCIセット”“MacPCIセット”など、合計6種類のモデルを用意する。

TURBO MO mini

『TURBO MO mini』。4cm弱と厚さはあるが、それ以外はたしかに文庫本サイズだ

TURBO MO miniは、“誰でも気軽に使えるMOドライブ”をコンセプトに、初心者でも簡単に扱えるUSBインターフェースを採用した製品。従来、USB接続型MOドライブの基板には、SCSI/ATAPIのディスクコントローラーが載り、読み取ったデータは専用のチップでUSB信号に切り替えていた。しかし、同製品ではデータをそのままUSBでパソコンに転送できるチップ“ダイレクト・USB・オプティカル・ディスク・コントローラー”(DUODC)を搭載。DUODCを採用したことで、専用チップが不要になり、基板の面積が小さくなったという。また同製品では、同社従来製品のピックアップに比べて小型化した“ニューピックアップ機構”も採用。同社では、DUODCとニューピックアップ機構により、本体サイズの小型軽量化が実現したとしている。床面積(横置き時)は文庫本サイズ(幅119×奥行き151×高さ37mm)で、重量は500g。640Sに比べ、サイズで58%、重量で65%まで小型化した。

ディスク回転数は毎分3000回転で、データ転送速度は最大1.5MB/秒。平均シークタイムは130ミリ秒になる。対応するMOメディアは120/230/540/640MB。コネクター形状は標準タイプB。電源はACアダプターから供給する。ボディーカラーはブラック/ホワイト/スケルトン。縦置き用のスタンドと、デジタルカメラで撮影した画像の編集/管理ソフト『MO蔵衛門』が付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン