このページの本文へ

汎用JPドメインの申請が来年1月に延期

2000年10月10日 15時59分更新

文● ASCII24 Business Center 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(社)日本ネットワークインフォメーションセンター(以下JPNIC)は10日、「汎用JPドメイン(※1)名導入に関する方針」を公開した。それによると、ドラフト案で11月からとされていた汎用JPドメインの申請受け付けが来年1月に延期された。JPNICは、延期の理由として、汎用JPドメインの周知を徹底させるためとしている。

※1 汎用JPドメイン:coやneなどの登録組織の属性区分がない汎用のJPドメイン。組織だけでなく個人の登録も可能で、1つの組織や個人で複数のドメイン名を登録できる。汎用で属性区分がないので、セカンドレベルドメインにドメイン名が登録される(jpがトップレベルドメイン)。たとえば、ascii.jpとなる

新しいスケジュールは、

  • 2001年1月22日~2月23日 優先登録申請期間
  • 2001年3月1日~3月23日 同時登録申請期間
  • 2001年4月2日~ 先願による登録受付

となっている。なお、このスケジュールは、11月上旬に開催予定のJPNIC総会で承認され決定となる。

受付開始時期の延期のほか、ドラフト案では同時期になっていた優先登録と同時登録が別の期間になった。また、優先登録申請の対象には、JPドメイン名のほかに、登録商標や商号、官公庁の名称、ac.jpドメインを持つ大学なども加えられた。

スケジュール以外では、日本語ドメインの文字数が最大15文字までと決まった。全角の漢字、仮名、英数字と一部の記号が利用できる。英数字については、全角と半角の両方で登録されるという。たとえば「アスキー24.jp」を申請すれば、「アスキー24.jp」(アスキーを全角、24を半角)とユーザーが打ち込んだ場合でも、同じIPアドレスを参照する。

日本語ドメイン名は、日本語ドメイン名以外と同じスケジュールで申請の受け付けが行なわれるが、7月上旬まで試験運用とし、それ以降に正式サービスが開始の予定という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン