このページの本文へ

シマンテック、Exchange Server対応のウイルス対策ソフトを発売

2000年10月06日 22時02分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)シマンテックは6日、マイクロソフトのグループウェア『Microsoft Exchane 2000 Server』に対応したウイルス対策ソフトの最新版となる『Norton AntiVirus 2.1 for Microsoft Exchange』(ノートン・アンチウィルス・フォー・マイクロソフト・エクスチェンジ)を発表した。12月初旬に受注を開始する。

従来からの基本機能である、Exchange Serverのトラフィックをリアルタイムで監視し、電子メールの添付ファイルや社内データベース内のウイルスを検知・駆除する機能に加えて、新たにウイルススキャンを高速化する“VAPI(VirusAPI)のサポートが追加された。

販売はライセンス単価制で、25から99ライセンスの場合、初年度の単価で5530円(アップグレード保険1年、スタンダードケアサポート1年込み)となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン