このページの本文へ

デル、サイボウズ Office3搭載サーバーを発売

2000年10月05日 19時46分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デルコンピュータ(株)は5日、同社のサーバー製品『PowerEdge(パワーエッジ)』シリーズの、エントリーモデル『PowerEdge 1300』に、サイボウズ(株)製のグループウェア『サイボウズOffice3』正式ライセンス版を組み込んだ特別モデル。

『PowerEdge 1300サイボウズ Office3 プリインストールモデル ~“ボウズマンサーバ”~』

を同日付けで発売したと発表した。販売は、同社の法人営業部、インターネット戦略パートナー営業部(TEL 044-556-3467)、ダイレクトセールス事業部(TEL 044-556-6190)、および直販サイト“オンライン・ストア”を通じて行なう。

『PowerEdge 1300 ボウズマンサーバ』は、あらかじめ決められたハードウェア構成の『PowerEdge 1300』に、『Red Hat Linux 6.2J』と『サイボウズOffice3』を工場インストールし、正式ライセンスをバンドルした特別モデル。『サイボウズ Office 3』は、イントラネットを使用する統合グループウェアで、スケジュール管理、掲示板、共有アドレス帳などのアプリケーションを提供する。各アプリケーションはウェブベースで使用するので、ユーザー側のマシンについてはOSの制限はないという。最小構成は、Pentium III-700MHz、440BX AGPチップセット、64MBのSDRAMメモリー、9GBのUltra2 SCSI対応のHDD、最大48倍速のCD-ROMドライブ、オンボードUltra2/LVD SCSIコントローラー×1となる。本体サイズは幅216×奥行き436×高さ459mmで、重さは約25kg。電源は110/220V。『サイボウズ Office 3』のライセンスが10ライセンスと、同ソフトの次バージョン『サイボウズOffice 4』への無償アップグレードライセンスが付属する。価格は21万4000円。ライセンス数が50ライセンスの時は31万6000円、100ライセンスは47万2000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン