このページの本文へ

ボイジャー、オンライン書店で電子本の直接販売を開始

2000年10月05日 16時14分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ボイジャーは4日、9月21日にオープンした電子本専門のオンライン書店“理想書店”で、電子本『デジタル時代の出版メディア』(湯浅俊彦著)の販売を、同日に開始したと発表した。全1巻で、価格は1000円。

“理想書店”で『デジタル時代の出版メディア』を立ち読みした画面

“理想書店”は、同社が直営するオンライン書店で、電子出版フォーマット“.book(ドットブック)”に準拠した電子本を中心に、読者への直接販売を行なっている。同社が開発した“ドットブック/たて書き・立ち読みシステム”を用いており、購入前にオンライン上で電子本の中身を確かめられるという。確認方法には、10分以内ならどのページでも閲覧可能な“一冊立ち読み”と、抜粋した部分をローカル環境で時間制限なしに閲覧可能な“抜粋立ち読み”の2種類がある。既に、『遠く永い夢』(茶屋二郎著、上下巻各1100円)、『小さなメディアの必要』(津野海太郎著、全1巻800円)の2作品の販売を、同書店のオープン時に開始している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン