このページの本文へ

NTTドコモ、KPN Mobileとモバイルインターネット事業で覚書を締結

2000年10月02日 17時06分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エヌ・ティ・ティ・ドコモ(株)は9月29日、オランダのKPN Mobile社と、欧州市場で、iモードの技術やビジネスモデルを採用したモバイルインターネット事業を実施するジョイントベンチャー(JV)の設立を共同で検討するための覚書を締結したと発表した。

NTTドコモはKPNモバイルへの資本参加を通じ、同社とIMT-2000、iモードなどのモバイルマルチメディアサービスの欧州での早期展開を図るという。また、同覚書締結後、両社の検討によりJV設立が決定した場合は、当該事業の経営参画をするとともにiモードに関するライセンス契約を締結し、技術支援を実施する予定としている。

また同社は同日、英国現地法人ならびに欧州研究所を設立することを発表した。欧州における移動体通信事業、およびモバイルマルチメディア事業の展開に対応して、IMT-2000関連技術、モバイルマルチメディア関連技術を基に、欧州の移動体通信事業者と技術協力などを迅速・効率的に行なうとともに、新たなビジネスを展開するための拠点として、英国のロンドンに“DoCoMo Europe (UK) Limited(仮称)”を設立する。資本金は300万ポンド(約4億5000万円)で、NTTドコモの100パーセント出資。設立時期は11月上旬の予定。また、欧州におけるネットワークインフラ研究の推進を目的とし、ドイツに研究拠点“DoCoMo Communications Laboratories Europe(仮称)”を設立する。資本金は1500万マルク(約7億円)で、NTTドコモの100パーセント出資。設立時期は11月上旬の予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン