このページの本文へ

富士通、DESKPOWERシリーズの冬モデルを発表

2000年09月26日 21時04分更新

文● 編集部 小林久

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士通(株)は“DESKPOWER”シリーズの冬モデルを発表した。価格はいずれもオープンプライスで、9月29日から順次出荷する。

今回発表となったのは、17インチのワイドTFT液晶を搭載した、液晶一体型モデルの『FMV-DESKPOWER Kシリーズ』、省スペース型デスクトップの『同Cシリーズ』、マイクロタワー筐体の『同M/MEシリーズ』の合計14機種17モデル。全機種でクールシルバーをベースに、ブルーメタリックをワンポイントで使用する新デザインを採用したほか、DVD再生機能の強化やiモード連携機能を強化。OSをWindows MeまたはWindows 2000とした。

DESKPOWER Kシリーズ

DESKPOWER Kシリーズ(K5/80WLT)

液晶一体型のDESKPOWER Kシリーズには、PentiumIII-800EBMHz、標準128MB(最大512MB)メモリー、60GBHDD、テレビチューナー/ビデオ出力を搭載し、MPEG2相当の独自形式でのHDD録画に対応した上位モデル(K5/80WLT)と、PentiumIII-667MHz、標準64MBメモリー、40GBのHDDを搭載した下位モデル(K5/66WL)の2モデルを用意する。

ディスプレーに、解像度1280×768ドット・1619万色表示に対応した17インチのワイドTFT液晶パネル、最大6倍速(CD-ROM読み出し時最大24倍速)のDVD-ROMドライブ、光デジタルオーディオ出力や4ピンのIEEE1394端子を備えている点などは共通。ヘッドホンを利用した擬似5.1chサラウンド音響に対応するほか、キーボードとマウスを使いやすい、RF方式のワイヤレスキーボードとした。

チップセットは、ビデオ/サウンド機能を統合したi810Eで、ビデオメモリーは9~12MBをメインメモリーと共用(4MBのビデオキャッシュ搭載)。通信機能として、V.90/K56flex対応の56kbpsモデムを装備する。また、内蔵ソフトとして、iモードと連携して外出先からスケジュールのチェックが可能な『Mobile Phone』を新規に搭載した。OSはともにWindows Me。

DESKPOWER Cシリーズ

DESKPOWER Cシリーズ(C5/80WL)。17インチのワイドTFT液晶を同梱

省スペース型デスクトップのDESKPOWER Cシリーズには、CPUにPentiumIII-667~1GHzを搭載した、合計9モデルが用意される。PCカードスロットやIEEE1394端子を前面に配置し、アルミパネルでカバーする新デザイン(デュアルフラップデザイン)を採用。今回からミドルレンジモデルの付属モニターに、解像度1280×768ドットの17インチワイドTFT液晶モニターの選択が可能となっている。

ローエンドモデル(C5/665)の主な仕様は、CPUがPentiumIII-667MHz、標準64MBメモリー、容量30GBのHDD、8/4/32倍速のCD-R/RWドライブ、付属するディスプレーが15インチCRTなど。OSにはWindows Meを採用する。また、同モデルに限り、Office 2000、一太郎、OASYSモデルの選択が可能(他はOffice 2000モデルのみ)

ハイエンドモデル(C5/1007)の主な仕様は、CPUがPentiumIII-1GHz、標準128MBメモリー、容量60GBのHDD、DVD-ROM読み出し4.8倍速、CD-R/RW書き込み4倍速のDVD-ROM/CD-R/RWドライブ、付属する液晶が17インチCRTなど。OSにはWindows 2000を採用した。

DESKPOWER M/MEシリーズ

DESKPOWER Mシリーズ(M5/857T)

マイクロタワー筐体を採用したDESKPOWER M/MEシリーズは、米AMD社のCPUを搭載。下位モデルのMEシリーズにK6-2-550MHzまたはDuron-650を搭載した3モデル、上位モデルのMシリーズにAthlon-800MHzまたは850MHzを搭載した3モデルを用意する。

MEシリーズの下位モデル(ME5/555E)は、CPUがK6-2-550MHz、標準64MBメモリー、容量20GBのHDD、最大24倍速のCD-ROMドライブ、15インチCRTといった構成。上位モデルは、Duron-650MHz、64MBメモリー、30GBのHDD、4/4/32倍速のCD-R/RWドライブといった構成で、15インチCRT(ME5/655)または17インチフラットCRT(ME5/657)が選択できる。OSはいずれもWindows Meで、上位2モデルはOffice 2000をプレインストール。最下位のME5/555Eに関してはワープロ・表計算ソフトが付属しない。

一方、Mシリーズの下位モデル(M5/807)はAthlon-800MHz、容量40GBのHDD、DVD-ROM読み出し4.8倍速、CD-R/RW書き込み4倍速のDVD-ROM/CD-R/RWドライブ、といった構成。OSには、Windows 2000またはWindows Meが選べ、メモリー容量はWindows 2000モデルが128MB、Meモデルが64MBとなる。モニターは17インチフラットCRTが付属。上位モデル(M5/857T)は、Athlon-850MHz、128MBメモリー、60GBのHDD、DVD-ROM読み出し4.8倍速、CD-R/RW書き込み4倍速のDVD-ROM/CD-R/RWドライブ、といった構成で、OSはWindows Me。テレビチューナーを内蔵する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン