このページの本文へ

音楽再生機能搭載のソニー端末など、auブランドのカラー携帯電話が続々登場

2000年09月25日 22時52分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

DDI-セルラーグループと日本移動通信(株)は、最大5000文字の電子メール送受信に対応した新サービス“@mail”を11月1日に開始すると発表した。また、同サービスに対応した“au”ブランドの新型cdmaOne端末4機種を11月に発売する。

@mailは、携帯電話用メールサービスとしては最多の全角5000文字相当(10KB)のメール受信に対応したほか、100KBまでの添付ファイル(着信メロディー、画像)の送受信が可能。また、vCard/vCalender形式にも対応し、対応端末やOutlookなど対応メーラー間で、メールを使って、名刺やスケジュール情報をやり取りすることも可能。月額利用料金はDDI-セルラーが無料、IDOが200円。このほかに1パケット(512バイト)あたり0.27円の追加料金がかかる。利用には対応端末(型番がC400番以降のcdmaOne端末)が必要で、メールは対応端末間のほかPCとのやり取りもできる。

現状で発売が予定されているのは、三洋電機(株)の『C401SA』、(株)デンソーの『C402DE』、鳥取三洋電機(株)の『C403ST』、ソニー(株)の『C404S DIVA(ディーバ)』の4機種。各機種とも、16和音対応の着メロ機能とカラー液晶を搭載している。それ以外の特徴は以下の通り。

三洋電機の『C491SA』。折畳式のコンパクトなボディーを採用。閉じた状態で電池残量や時刻を表示できる“おしらせディスプレイ”、EZwebのサービス“キャラミーゴワールド”にアクセスし、待ち受け画面に新しいイラストを設定できる。本体サイズは幅49×奥行き94×高さ24mmで、重量は100g。色はシルバーとピンクを用意する
デンソーの『C402DE』。ボタンにグラデーションカラーを施した独特なデザインが特徴。サイズは幅45×奥行き20×高さ128mmで、重量は86g。色はホワイト
鳥取三洋電機の『C403ST』。携帯電話としては大きい128×160ドットの反射型液晶を搭載。かけてきた相手に応じて、異なる色で光る“ハートフルイルミネーション機能”を装備。本体サイズは幅45×奥行き24mm×高さ93mmで、重量は99g。色はホワイト
ソニーの『C404S DIVA』。本体には著作権保護技術“MagicGate”対応のメモリースティックスロットを装備。光端子でCDやMDと接続することで、メモリースティックに音楽を録音できる。音楽再生中のメール着信のほか、通話機能をオフにした状態での音楽再生も可能。サイズは幅50×奥行き26×高さ100mmで、重量は120g。色はシルバー。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン