このページの本文へ

【東京ゲームショウ2000秋 Vol.6】PS2用新タイトル目白押しのコナミとナムコ

2000年09月22日 19時19分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

巨大ブースで新作ゲームを体験可能

今回のゲームショウでもっとも大きいブースのひとつであるコナミブース。『キーボードマニア』を中心とした音楽ゲームや、『サイレントスコープ』、『Z.O.E.』などのPS2用新作ゲームなどをメインとした展示を行なっている。

『キーボードマニア』など音楽ゲームがずらりと並ぶコナミブース
PS2用3Dロボットアクションゲーム『Z.O.E.』は体験可能。3Dロボットをあやつり敵と戦うアクションゲームだが、ときおり西村誠芳氏(『機動新世紀ガンダムX』でおなじみ)のキャラクターデザインによるアニメーションデモが入り、シナリオを盛り上げる
PS2用アクションゲーム『METAL GEAR SOLID 2』(2001年発売、価格未定)はビデオのみで登場。DVD映像をPS2を使って再生している
同じくビデオで登場のPS2用ビジュアルノベル『サイレントヒル2』(2001年発売、価格未定)。おおまかなあらすじが美しいグラフィックと共に紹介される

また、“コマイスタイル・カスタムファクトリー”商品企画第1弾の『Dance Dance Revolution Arcade-Style Contoroller(仮)』が展示されている。これはアーケード版DDR用のフットパネルを忠実に再現した、お好きなかたにはたまらないPS用コントローラー。11月下旬発売で、価格は19万8000円。サイズは幅102×奥行き106×5.5cm、重量は25kg。

これが『Dance Dance Revolution Arcade-Style Contoroller(仮)』。写真の台に乗っているお兄さんは、この企画商品を知ってか知らずか、見つけるやいなや嬉しそうに飛び乗り踊り始めた(しかも、やめやしねえ)

コマイスタイル・カスタムファクトリーとは、同社サイト“コナミスタイル”が行なっているユーザー参加型プロジェクト。通常では商品化しそうもないようなモノを、ユーザーの声を元にウェブ上で商品企画化し、ユーザーから一定以上の注文が集まれば、実際に制作して発売するというプロジェクトだ。今回のフットコントローラーは、注文が100台以上あった場合に販売するという。

ナムコも新作ゲームを体験可能

なんと水が流れるナムコブース。PS用新作RPG『テイルズ オブ エターニア』(価格6800円、11月30日発売)と、PS2用バイクゲーム『Moto GP』(価格6800円、10月12日発売)を中心に新作ゲームを紹介している。

写真ではわかりにくいと思うが、写真左の『テイルズ オブ エターニア』のイラストの部分は、上から水が流れてきている
『テイルズ オブ エターニア』は“テイルズ”シリーズ最新作。メインキャラクターデザインはいのまたむつみさんで、美しいアニメーションと豪華声優陣によるキャラクターボイスが売りのひとつ。写真は『テイルズ オブ エターニア』のプレミアムボックス(9800円)。ゲームのほかにさまざまなグッズが同梱されている。
『Moto GP』は500ccクラスのバイクレースゲーム。日本人ライダー“青木3兄弟”が開発に協力、バイクの挙動やコース取りなどのノウハウを提供している。世界の著名な5コースを収録、マシン20台による本格的なレースが楽しめる

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン