このページの本文へ

沖電気、IP対応ビジネスホン『Office stage』の販売を開始

2000年09月22日 17時58分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

沖電気工業(株)は20日、ビジネスホン製品の新機種としてビジネスコミュニケーションシステム『Office stage』の販売を11月末に開始すると発表した。

『Office stage』

『Office stage』は、インターネット/イントラネットなどのIPネットワークを通してのIPテレフォニーが行なえる小中規模企業向けのビジネスコミュニケーションシステム。基本構成は外線8回線モデルの本体と、多機能電話機16台となる。IPテレフォニー機能は、ITUで標準化されているH.323(パケットベース・マルチメディア通信システム)仕様第2版に準拠する。業務アプリケーションとの連動により、サービスセンター受付、電話予約および注文受付など顧客満足度の向上を実現するCTI機能を搭載する。子機の登録数は最大120台。電源はAC 100V。本体サイズは幅382×奥行き281×高さ325mm、重さは未定。価格は80万円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン