このページの本文へ

シャープ、高精彩タイプなど液晶ディスプレー3製品を発売

2000年09月20日 19時01分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャープ(株)は20日、オフィス向けの高精細・大画面の液晶カラーディスプレー『液晶カラーモニター』(LL-T2000S/LL-T1810A)2機種と、TVチューナー内蔵の液晶ディスプレー『液晶カラーモニター』(LL-M1500A)を10月6日に発売すると発表した。価格はすべてオープンとなっている(予想販売価格はLL-T2000Sが47万円前後、LL-T1810Aが30万円前後、LL-M1500Aは15万円前後)。

『LL-T2000S』

LL-T2000Sは、独自の高精細液晶パネル『ワンダーピクス』を搭載した19.6インチUXGAディスプレー。ワンダーピクスは、超高開口率技術“UHA(Ultra High Aperture)により、一般のCRTを上回る100ppi以上の高精細表示が可能で、CADやCAE、医療用システム分野向けの製品。液晶表示素子はワンダーピクス&“低反射ブラックTFT液晶”パネル。低反射ブラックTFT液晶は、画面の映り込みを低減し、明るい部屋でも黒がしまって見える特徴を持つ。最大解像度はUXGA(1600×1200 約1677万色)。最大輝度は200cd/平方メートル。コントラスト比は300:1。視野角は左右が150度で、上下は150度。対応周波数は水平が24.8~91.1kHzで、垂直は56~85Hz。バックライトの寿命は約5万時間。電源はAC 100Vで、消費電力は最大60W。サイズは幅483×奥行き218×高さ478mmで、重さは約10.5kg。

『LL-T1810A』

LL-T1810Aは、低反射ブラックTFT液晶パネル搭載の18.1インチSXGA(1280×1024 約1677万色)ディスプレー。光の透過率を向上させた液晶パネルによって、200cd/平方メートルの高輝度、コントラスト比350:1を持つ。また、視野角は、上下・左右とも150度となっている。バックライトの寿命は約5万時間。電源はAC 100Vで、消費電力は最大54W。サイズは幅443×奥行き218×高さ464mmで、重さは約10.4kg。

『LL-M1500A』

LL-M1500Aは、テレビチューナーを搭載したパソコン用15インチXGA液晶ディスプレー。低反射ブラックTFT液晶を搭載する。明るさを330cd/平方メートルに高めたことで、テレビ番組などが見やすいという。ステレオサラウンドスピーカーを内蔵する。 視野角は左右160度、上下150度。TVチューナーとパソコン、映像機器との接続端子をAV拡張ボックスにまとめ、ディスプレー本体と分離した2ピース設計。バックライトの寿命は約5万時間。電源はAC 100Vで、消費電力は最大45W。本体のサイズは幅367×奥行き150×高さ360mmで、重さは約4.6kg、拡張ボックスは幅76×奥行き188×高さ174mmで、重さは約12kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン