このページの本文へ

東海道新幹線の新横浜-小田原間の7つのトンネルで通話が可能に

2000年09月20日 18時39分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)NTTドコモ、日本移動通信(株)、J-フォン東京(株)、(株)ツーカーセルラー東京の首都圏の携帯・自動車電話事業者4社は、東海道新幹線の新横浜、小田原間の7つのトンネルにおいて通話サービスエリアの拡充を行なうと発表した。

今回拡充されたトンネルは、“出縄トンネル”“第一生沢トンネル”“第二生沢トンネル”“小原トンネル”“第一根柄見トンネル”“借宿トンネル”“開戸トンネル”の7トンネル。運用開始は、J-フォン東京(株)と(株)ツーカーセルラー東京が9月19日、(株)NTTドコモと日本移動体通信(株)が9月22日(予定)となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン