このページの本文へ

マイクロソフトなど3社、認証用スマートカードサービスで合意

2000年09月14日 21時32分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)、米シュルンベルジェ社、トッパン・フォームズ(株)の3社は13日、Windows 2000環境向けの認証用スマートカードサービスの共同提供で合意したと発表した。

スマートカード『Cryptoflex』

主な合意内容は、マイクロソフトのOS『Windows 2000』、シュルンベルジェのスマートカード『Cryptoflex』とスマートカードリーダー/ライター『Reflex』、トッパン・フォームズの“スマートカード発行サービス”を組み合わせて、“Windows 2000 スマートカード・サービス”として共同で提供するというもの。すでにWindows 2000には、Cryptoflex用とReflex用のドライバーソフトが組み込まれており、スマートカードを認証用に利用して、ネットワークへの自動ログイン、クライアントの認証、離席時の画面ロック、電子メールのデジタル署名/暗号化などを行えるという。

PCカード型のスマートカードリーダー/ライター『Reflex20』

また、スマートカードの破損や紛失の際には、トッパン・フォームズの63ヵ所のサポート拠点で、即時発行サービスを行うとしている。さらに、スマートカードの券面は、オリジナルデザインで印刷でき、社員証や学生証として顔写真を挿入できるという。3社では、入退館システム、プリペイドシステム、図書貸出しシステムなどへの応用を見込んでいる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン