このページの本文へ

リコー、ハイスピードCD-RW規格対応の8倍速ドライブを発売

2000年09月13日 18時41分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)リコーは13日、内蔵型CD-R/RWドライブ『リコー MP7083A』を22日に発売すると発表した。価格はオープン(予想販売価格は2万5000円前後)。

『リコー MP7083A』

『リコー MP7083A』は、ハイスピードCD-RW規格に対応した書込み/書き換え最大8倍速(読み込みは最大32倍速)の内蔵型CD-R/RWドライブ。3月に発売した『リコー MP7080A』の後継機種。インターフェースはATAPI 。データバッファーメモリーは2MB。記憶容量は700MB(Type80)、650MB(Type74))。平均アクセスタイムは120ミリ秒。電源はDC5V/12Vで、消費電力は最大12W。サイズは幅146.0×奥行き200.0×高さ41.3mmで、重さは1.0kg以下。対応機種はWindwos 95/98/NT4.0/2000を搭載し、5インチの空きベイを備えたIBM PC/AT互換機とPC98-NXシリーズ。(株)ビー・エイチ・エー製のパケットライトソフト『B's Clip』、CD-R/RWライティングソフト『B's Recorder GOLD』、CD-RメディアとHi Speed CD-RWメディアが各1枚付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン