このページの本文へ

レッドハット、Oracle8iに最適化したLinuxを発売

2000年09月13日 18時37分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レッドハット(株)は13日、Linux OS『Red Hat Linux Enterprise Optimised for Oracle8i』を下旬に発売すると発表した。価格は90日間のサポートが付属して6万円。販売は同社認定“マスター・SIディストリビューター”である(株)アルゴテクノス21、(株)SRA、(株)ディアイティ、(株)テンアートニの4社を通じて行なう。

『Red Hat Linux Enterprise Optimised for Oracle8i』

『Red Hat Linux Enterprise Optimised for Oracle8i』は、Oracle8i R8.1.6用に最適化した大規模データベース用Linux。オラクルのJavaコンフィギュレーションツールを使ってデスクトップLinuxからOracle8iへのコンフィギュレーションが可能な“Java Run-time Environment 1.1.8”を搭載し、Oracle8iの開発・管理ツール用GUIライブラリー“Motif 2.1”を提供する。クライアント数は無制限。マルチCPU(8CPU)に対応する。64bit File I/Oにより、2GB以上の個別データベースファイルの利用が可能。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン