このページの本文へ

コンパック、DVD/CD-RW対応デスクトップパソコンを発売

2000年09月12日 20時24分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンパックコンピュータ(株)は12日、デスクトップパソコン『Deskpro EXSシリーズ』にDVD-ROMドライブとCD-RWドライブを搭載したモデルを発売したと発表した。『Deskpro EXSシリーズ』は、同社のパソコンのネット直販事業“コンパック ダイレクトプラス”の主力商品として販売している製品。Deskproファミリーでは初のCTOフル対応製品となる。CPU、メモリー、HDD、リムーバブルストレージ、グラフィックスコントローラーを要望に合わせて自由に選択できる。

『Deskpro EXSシリーズ』

今回追加したDVD-ROMドライブとCD-RWドライブを同時に搭載できるモデルの最小構成は、Celeron-566MHz、815チップセット、64MBのSDRAMメモリー、10GBのUltra-ATA対応のHDD、最大10倍速のDVD-RAMドライブ、読出最大32倍速/書込最大8倍速/書換最大4倍速のCD-R/RWドライブ、17インチのCRTディスプレーとなる。OSはWindows 98 SE。筐体はデスクトップ型(幅36.8×高さ13.0×奥行き40.0cmで、重さは11.8kg)となる。消費電力は最大145W。価格は10万2800円。

筐体をミニタワー型(サイズは幅16.8×高さ44.8×奥行き43.5cmで、重さは11.8kg)、CPUをPentium III-733MHzに変更した場合の価格は12万1800円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン