このページの本文へ

米フラッシュポイント、一眼レフデジカメ『ペンタックス EI-2000』がDigitaを採用と発表

2000年09月11日 21時02分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米フラッシュポイント テクノロジー社は現地時間の11日、旭光学工業(株)が発表した一眼レフタイプのデジタルカメラ『ペンタックス EI-2000』に、同社のオペレーティング環境“Digita”が搭載されたと発表した。

Digitaは、デジタルカメラやイメージング周辺機器向けに設計された、オペレーティング環境。Digitaは、Digita Script の利用により、カスタマイズ可能。簡単に画像を撮影、音声やテキストの注釈、画像の保存、印刷などが簡単に行なえる。カメラにカスタムアプリケーションを追加して、写真撮影を自動化したり、特定分野向けにカスタマイズしたりできる。また、製品のアップデート/アップグレードが可能。

『ペンタックス EI-2000』は、フレームトランスファー方式で総画素数224万画素2/3インチCCDや12bit A/Dコンバーター、ヒューレット・パッカードのASIC“HP Imaging Tecnology”を搭載したデジタルカメラ。また、8.2~25.8ミリ(35mm換算で34~107mm相当)の3倍ペンタックスズームレンズをボディーのほぼ中央に配置し、35mm一眼レフカメラと同様の操作感が得られる。音声録音機能も装備し、1画像につき最長45秒の記録が可能。製品の発売は今月下旬の予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン