このページの本文へ

サンディスク、スマートメディアとCFリーダー/ライターを発表

2000年09月11日 20時05分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)サンディスクは11日、3種類(16/32/64MB)のスマートメディアの国内販売を、30日に開始すると発表した。価格はオープン(予想価格は非公表)。

64MBのスマートメディア(SDSM-64-644)

同社は、メモリーカードの専業メーカーである米サンディスク社の子会社。従来、メモリーカードのうち、コンパクトフラッシュ(CF)、マルチメディアカード(MMC)、SDメモリーカードの開発や販売を行なっており、スマートメディアを扱っていなかった。同社では、スマートメディア市場に参入した理由として、“ユーザーニーズを第一に考えて製品ラインナップを強化した”としている。スマートメディアの容量(型番)は、16MB(SDSM-16-664)、32MB(SDSM-32-644)、64MB(SDSM-64-644)の3種類。いずれも、シリコンオーディオプレーヤーに使えるように、ID付きとなっている。

『USBイージーメイト CFリーダー/ライター』

また、同社は併せて、USB対応のCFリーダー/ライター『USBイージーメイト CFリーダー/ライター』(SDDR-31-03)を発表した。これは、TYPEIとTYPEIIの2種類のCFに対応したリーダー/ライターで、USBによりパソコンに接続可能。従来品に比べて高さを15mm減に縮小し、スリム化を図った。本体サイズは幅72×奥行き90×高さ30mm。本体重量は非公表。価格はオープン(予想価格は6000円前後)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン