このページの本文へ

トレンドマイクロ、ウイルスソフト『ウイルスバスター2001』を発表――“女医隊”による全国検診ツアースタート

2000年09月07日 22時39分更新

文● 編集部 高橋眞也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アスキー本社前に突如、大型バスが

ここは初台にあるアスキーのビル。閑静なオフィス街に突如派手な大型バスが出現した。

風船を持った女医隊が登場

バスから登場したのは女医!! 手には最新鋭の医療機器であろうと思われる“風船みたいな風船”(たぶんただの風船)、と『ウイルスバスター2001』が! そう賢明な読者はもうお気づきだろう。これは新製品発表のイベントだったのである。
ウイルスバスター2001の素敵に無敵なパワーを表現するには、従来の看護婦たちではイマイチ役不足感が否めない。そこで今回からは女医となった。しかしながら、彼女らが乗り込む車両は救急車ではなく、“ウイルスもハッカーもぶっ飛ばせ!”という強気な発言が掲げられた専用カラーリングの大型バスだ。せっかくだから救急車用意しろよ。

彼女たち、私生活じゃメガネかけてないんだろうなぁ

この彼女たちがウイルスからパソコンをまもってくれる“女医隊”。ウイルス駆除なので、おそらく内科……かどうかは定かではない。今回の、この初台における検診を始め、都内各地で暴れまわる!

そんなわけで、製品のカラーリングがされたバスで“女医隊”による販促キャンペーンがスタート。都内をスタートしたのち、名古屋、大阪、神戸をまわるという。最終兵器である巨大カプセル君を果たしてどこの町で炸裂させるのだろうか?

ウイルスバスター2001

このように鮮烈なデビューを飾ったウイルスバスター2001は、『ウイルスバスター2000』の新バージョンだ。新機能として、(1)パソコンを外部から不正に操作されることを防ぐ“パーソナルファイアウォール”、(2)自動的に同社のサーバーに接続し最新のウイルス情報を取得する“インテリジェントアップデート”、(3)画面構成を初心者向けの“Easyモード”と、上級者向けの詳細設定が可能な“Advanceモード”を切り替えられる“2モードインターフェース”、(4)Zip形式で圧縮されたファイルのウイルス検索を行なう“Zipクリーン”、(5)メールの添付ファイルに隠された既知のウイルスを検出・駆除する“メール検索”、(6)既知のウイルスの侵入や繁殖を常に監視する“リアルタイム検索”――などが用意されている。

対応OSはWindows 95/98/Me/2000/NT4.0で、価格は8500円、ウイルスバスター2000ユーザーは、アップグレード版が同社のウェブサイトからダウンロード可能だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン