このページの本文へ

ソーテック、Pentium III-700MHz搭載のDVD対応ノートパソコンを発表

2000年09月07日 17時44分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ソーテックは7日、Pentium III-700MHzとDVD-ROMドライブを搭載したノートパソコン『e-note H370TDX4』を発表した。価格は19万8000円で、15日に販売を開始する。

『e-note H370TDX4』

同製品は、CPUにPentium III-700MHz、チップセットに台湾のVIA Technologies社製『VIA Apollo Promedia』、グラフィックスアクセラレーターに米Trident Microsystems社製『Trident CyberBlade i1』を採用。64MBのメモリー(SDRAM)、14.1インチTFTカラー液晶ディスプレー(1024ドット×768ドット26万色表示)、12GBのHDD(UltraDMA 33)、最大8倍速DVD-ROMドライブ(最大24倍速CD-ROMドライブ相当)、56kbpsのFAXモデム(V.90対応)を搭載する。バッテリーは、約1.5~2時間の駆動時間を持つニッケル水素電池で、充電時間は非公表。

OSとして、Windows Meをプレインストール。添付ソフトとして、統合ソフト『JustSystem Home i』、ウイルス対策ソフト『VirusScan 5.02J』、DVD再生ソフト『PowerDVD 2000』などが付属する。さらに、“SOTEC-JustNetスターターコース”を添付するため、オンラインサインアップを行なえば、JustNet Free ISPのインターネット接続サービスを、1年間、毎月10時間を無料(別途通信費が必要)で利用できる(超過分は1分当たり6円)。本体サイズは幅305×奥行き255×高さ45mm、本体重量は約3.2kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン