このページの本文へ

松下、Windows Me搭載ノートパソコンを発売

2000年09月04日 22時40分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

松下電器産業(株)は4日、ノートパソコン“Let's note”シリーズの新製品として、Windows Meを搭載したB5ファイルサイズの『Let's note CF-M2EV』と、A4サイズの『Let's note CF-L1GA』の2機種を15日に発売すると発表した。価格はどちらもオープン(予想販売価格はCF-M2EVが25万円、CF-L1GAは27万円)。

『Let's note CF-M2EV』

『Let's note CF-M2EV』の仕様は、モバイルCelelon-550MHz、64MBのSDRAMメモリー、10GBのUltra-ATA対応のHDD、書込み・書き換えが最大4倍速のCD-R/RWドライブ(着脱式)、XGA(1024×768ドット)11.3型TFTカラー液晶ディスプレー、100BASE-TX/10BASE-T対応のLANインターフェース、V.90/K56frex対応の56kモデムとなる。Office 2000などのソフトが付属する。サイズは幅272×奥行217×高さ36mmで、重さは約1.57kg。電源はAC100V-240V、およびリチウムイオンバッテリー。バッテリーの駆動時間は約1.5時間で、充電時間は約2.5時間。別売りの拡張バッテリーパック(価格は3万5000円)をCD-R/RWドライブと差し替えることが可能。

『Let's note CF-L1GA』

『Let's note CF-L1GA』は、モバイルPentium III-500MHz、64MBのSDRAMメモリー、10GBのUltra-ATA対応のHDD、最大24倍速のCD-ROMドライブ、XGA(1024×768ドット)13.3型TFTカラー液晶ディスプレー、100BASE-TX/10BASE-T対応のLANインターフェース、V.90/K56frex対応の56kモデムとなる。Office 2000などのソフトが付属する。サイズは幅297×奥行236.5×高さ24mmで、重さは約2kg。電源はAC100V~240V、およびリチウムイオンバッテリー。バッテリーの駆動時間は約3時間で、充電時間は約3時間。別売りの拡張バッテリーパックをCD-R/RWドライブと差し替えることが可能。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン