このページの本文へ

シャープとピクチャーテル、新世代テレビ会議システムの協業で合意

2000年08月28日 19時22分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャープ(株)と米ピクチャーテル社は8月28日、インターネットベースの画像と音声を融合した新世代テレビ会議システムの商品化および生産で協業することで合意したと発表した。
これは、シャープの有するCCDカメラやマイク技術を含む音声/画像処理技術、小型化設計技術、および生産技術・量産手法と、ピクチャーテルが有するテレビ会議技術、販売力を相互に利用し、今後、急速な成長が期待されるSOHO向けの新世代のテレビ会議システムを、共同で商品化することを目的としたもの。

第1弾として、今年度中を目標に、国際標準規格である“ITUスタンダード”および、ピクチャーテルと米インテル社が共同で開発したテレビ会議システムの次世代プラットフォーム“PictureTel iPower”のアーキテクチャーに基づいたテレビ会議システムの開発および商品化を行なうという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン