このページの本文へ

エプソンダイレクト、Pentium III-700/650MHzを採用した『Endeavor PCシリーズ』を追加

1999年11月22日 00時00分更新

文● 編集部 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エプソンダイレクト(株)は22日、静粛性を高めた省スペースパソコン『Endeavor AT-680C』と、Pentium III-700/650MHzを搭載した『Endeavor Pro-500L』『Endeavor VZ-5000』をラインアップに追加し、同日から受注を受け付けることを発表した。また、デジタルビデオの編集ができるパソコン『CREASENSE 3500』の受注も同日から開始した。

『Endeavor AT-680C』は、パソコンの動作音をHDD動作時で約33dBに抑えたモデル。CPUはPentium III-500/500MHzかCerelon-433/466/500MHzから選択できる。価格はBTOのため構成によって異なるが、CPUにCerelon-433MHz、メモリーに64MBのSDRAM、HDDにUltra ATA/66対応の4.3GB、最大24倍速のCD-ROMドライブ、OSをWindows 98 Second Editionとした構成の場合、8万5000円となっている。

『Endeavor VZ-5000』は、スリムタワーケースを採用したモデル。CPUにPentium III-700MHz、メモリーに64MBのSDRAM、HDDにUltra ATA/66対応の4.3GB、グラフィックカードをATI 3D Chager、OSにWindows 98 Second Editionとした構成で、価格は16万3500円となる。『Endeavor Pro-500L』(ミドルタワーケース)の同仕様では17万3500円。

『Endeavor VZ-5000』
『Endeavor VZ-5000』



Celeron-500MHz搭載の『CREASENSE 3500』は、デジタルビデオ編集ソフト『DV Symphomovie』を採用したデジタルビデオ編集用パソコン。価格は14万5000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン