このページの本文へ

日立、ハンドヘルドPCの上位モデル『PERSONA HPW-600JC』に、PostPet入りコンパクトフラッシュカードを添付して発売

1999年11月18日 00時00分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)日立製作所は、Windows CE Handheld PC Professional Edition, Ver.3.0を採用したA5サイズのハンドヘルドPC『PERSONA(ペルソナ) HPW-600JC』に、ソニーコミュニケーションネットワーク(株)の愛玩電子メールソフト『PostPet for Windows CE ver.2.0jp』をコンパクトフラッシュカードで追加し、11月19日に発売する。

『PERSONA HPW-600JC』
『PERSONA HPW-600JC』



同社はすでに、PostPetを搭載したハンドヘルドPC『PERSONA HPW-30PA』、『同30PAW』を販売しているが、上位モデルである『HPW-600JC』にもPostPetを搭載してほしいというユーザーの要望に応え、今回PostPetを搭載したコンパクトフラッシュカードを新たに付属して発売することとなった。本体の仕様はは既存のものと同じ。

付属のコンパクトフラッシュカードは、PostPetのほかに、PostPetの壁紙3点セット、PERSONAとPCを連携させ、おやつや部屋を増やしたりバックアップを取ったりできる『PostPet for Windows CE Utility』、PERSONAの電源がオフ状態であっても、PostPetを起動できる機能をクイックスタートキーの“User1キー”に、ダイヤルアップの接続/切断機能を“User2キー”にそれぞれ割り付ける『PostPet 起動キー割り付けソフト』、PostPetの部屋の画面をキャプチャー/保存できる“ホットフレンド機能”を搭載する。

価格はオープンプライスで、推定小売価格が10万円前後。

なお、製品の切り替え販売に伴い、11月19日以降にコンパクトフラッシュカードが付属していないHPW-600JCを購入したユーザーは、販売店よりコンパクトフラッシュカード引換用はがきを受け取り同社に申し込むと、コンパクトフラッシュカードを無料で入手できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン