このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

【COMDEX Spring Report Vol.6】Windows Worldの会場に、Linuxのディストリビューションが勢ぞろい!

1999年04月21日 00時00分更新

文● 編集部 鹿毛正之

米シカゴで19日(現地時間)から開催されているCOMDEX Spring/Windows Worldの会場において、昨年までにはありえなかった現象が起きている。Linuxのディストリビューターが揃ってブースを構え、多くの観客を集めているのだ。

Linux関連の企業が集まっているのは、“LINUX Pavilion”と名づけられた一角。合計で18社がブースを出展しており、ブース中心のステージでは“Linux Theater”と題し、Linux入門といった感じのプレゼンテーションを実施している。

もっとも大きなブースを構えているのは、ディストリビューターとして最大手のRed Hat Software社。同ブースでは希望者全員に体験版CD-ROMを無料配布するなど、資本力の大きさを見せつけていた。ブース内にはパートナーとしてオラクル、コンピュータ・アソシエイツ、Arial、Linux Magazineが小ブースを構え、各社のソリューションを展示していた。

Red Hatのブースでは、無料配布されるCD-ROMを求めて参加者の列が途切れることなく続いていた
Red Hatのブースでは、無料配布されるCD-ROMを求めて参加者の列が途切れることなく続いていた



『Turbo Linux』でおなじみの米パシフィック・ハイテック社では、ブース内にTurbo Linux PROの日本語版を展示し、日本からの参加者にアピールしていた格好だ。ただ、残念なことに日本人の入場者はほとんどいなかった。

ブースの右上側においてあるパッケージが、日本語版のTurbo Linux PRO
ブースの右上側においてあるパッケージが、日本語版のTurbo Linux PRO



そのほかにもSuSE、Caldera、Applixといったおなじみのディストリビューターが軒を連ね、さながらLinux Expoの縮小版といった雰囲気。来場者の反応も上々で、見どころの少ない今回のCOMDEXの中では、人の集まり具合ではかなり上位に位置するものと思われる。

『Linux Slackware』で知られるWalnut Creek CDROMのブースでは、FreeBSDのCD-ROMが併せて販売されていた。もっともWindwosから見れば、両者ともオープンソースの雄ということでは同様の存在。会場内で唯一FreeBSDが展示されていたのがLINUX Pavilionだったというのも、考えてみれば自然な流れと言うことができるだろう。

FreeBSDとLinuxが呉越同舟、キャラクターの可愛さもいい勝負だ
FreeBSDとLinuxが呉越同舟、キャラクターの可愛さもいい勝負だ



19日に開催されたLinus Torvalds氏の基調講演では、将来的にPDAにもLinuxが導入されるだろうという見通しが語られていた。来年のCOMDEX Spring/Windows Worldでは、PDAメーカー各社のLinux対応バージョンが展示されるかもしれない。

カテゴリートップへ

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン