このページの本文へ

沖電気、ウェブアプリケーションサーバー『BEA WebLogic』を発売

1999年03月18日 00時00分更新

文● 報道局 山本誠志

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 沖電気工業(株)は、Enterprise JavaBeans 1.0に対応したウェブアプリケーションサーバー『BEA WebLogic』の販売を開始した。出荷開始は4月を予定している。価格は1サーバーライセンスあたり234万円。

 BEA WebLogicは、100% Pure Javaアプリケーションソフトであり、標準のJava VM上で動作する。ビジネスロジックはJava Servletによって構築する。また、COM(Component Object Model)に対応し、CORBA(Common Object Request Broker Architecture)に対応したTP(Transaction Processing)モニター機能を装備。将来的に、ビジネスロジック部分をCORBA/IIOP(Internet Inter-ORB Protocol)を用いた分散環境に配置することが可能になるとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン