このページの本文へ

デル、Windows NTワークステーション『Precision』シリーズにPentium III Xeon搭載モデルを追加

1999年03月18日 00時00分更新

文● 報道局 白神貴司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デルコンピュータ(株)は、同社のWindows NTワークステーション『PreciSion』シリーズの最上位機種として、インテルの最新CPU、Pentium III Xeon-500MHzを搭載したモデル『Precision WorkStation 610』を追加、本日販売を開始した。

『Precision WorkStation 610』『Precision WorkStation 610』



 CPUにPentium III Xeon-500MHzを最大2個まで搭載可能。2次キャッシュの違いにより、512KB版か1MB版を選択できる。チップセットにはIntel450GXを、メモリーはECC対応のSDRAMを64MB(最大約2GB)搭載する。9GBまたは18GBのUltraWide SCSI対応のHDDを合計4基搭載可能で、最大54GB(9GB×2+18GB×2)まで拡張可能。CD-ROMドライブは最大40倍速。

 ビデオカードはハイエンド向けに米3Dlabs社製2D/3Dグラフィックアクセラレーター『Oxygen GMX2000』、ミッドレンジ向けには米Evans & Sutherland社の『Galaxy 31』が、エントリー向けにはダイアモンド・マルチメディア・システムズ社製『Diamond Permedia 2』から選択できる。また、マルチディスプレー対応のカードとしては、米Appian Graphics社製『Jeronimo Pro』が用意されている。

 価格は、Pentium III Xeon-500MHz(512KB L2キャッシュ内蔵)搭載、メモリーはECC対応の64MBSDRAM、最大40倍速CD-ROM、HDDはUltraWide SCSI対応4GB、ビデオカードはDiamond Permedia 2を搭載。オンボードで米スリーコム社製10/100Mbps Ethernetコントローラーを装備し、Windows NT Workstation 4.0プレインストールという構成で36万6000円となる。ディスプレーはオプション。

 24時間年中無休の電話によるテクニカルサポート、1年間の無料出張修理(オンサイト)サービス、および3年間のパーツ無償保証が提供される。



機種名


Precision WorkStation 610


CPU


PentiumR III XeonTM 500MHz


メモリー(最大)


ECC対応64MB SDRAM(約2GB)


チップセット


Intel 450GX


HDD(最大)
UltraWide SCSI対応4GB(54GB)


CD-ROMドライブ


最大40倍速


LAN


米スリーコム社製10/100Mbpsコントローラー(オンボード)


ビデオカード


Diamond Permedia 2


筐体タイプ


タワー型


本体サイズ


幅216×奥行き436×高さ459mm


重量


約16kg


OS


Windows NT Workstation 4.0


価格
 

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン