このページの本文へ

『インテル Pentium III Xeonプロセッサ』搭載製品を一挙に紹介

1999年03月18日 00時00分更新

文● 報道局 西川ゆずこ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日、都内で行なわれた『インテル Pentium III Xeonプロセッサ』の発表会場では、各ベンダーが製品を展示していた。ここに紹介しよう。

 ●8ウェイ



・日本電気(株)は、自社製のチップセットを使用した『Express 5800/8Wayサーバ』を参考出展



・富士通(株)は、自社製のチップセットを採用した8ウェイサーバー『GRANPOWER 5000』を参考出展。



・日立製作所(株)は、自社製のチップセットを採用した8ウェイサーバー『HA8000/380』を参考出展。

●2ウェイ・4ウェイ





 日本電気(株)は、本日発表した『Pentium III Xeon-500/550MHz』を搭載するワークステーション『Express 5800/56Wb』を出展。『同-500MHz』搭載が109万円。『同-550MHz』搭載が114万円。そのほか、『同-550MHz』を搭載したサーバー『Express 5800/2Wayサーバ』を参考出展。



 コンパックコンピュータ(株)は、17日(現地時間)米国で発表した『同500/550MHz』搭載の『Professional Workstation SP700』を参考出展。日本での発表は4月になるという。





 日本アイ・ビー・エム(株)は、『同-500MHz』を搭載するワークステーション『Netfinity 5500 M20』を参考出展。米国では、17日(現地時間)に発表した製品で、最大4基のプロセッサーをサポートする。日本での発表は、4月上旬の予定。そのほか、『同-550MHz』を最大2基搭載可能な(標準1基)サーバー『Intellistation』を参考出展。



 日本ヒューレット・パッカード(株)は、『同-500MHz/550MHz』を搭載するワークステーション『HP Kayak XU PC Workstation』を参考出展。日本でも、同プロセッサー群を搭載するPCサーバー(8ウェイを含む)を順次発売するとの発表があった。



 デルコンピュータ(株)は、本日発表したばかりの『同-500MHz』搭載の『Precision WorkStation 610』を出展。



 (株)東芝は、本日発表した『同-550MHz』搭載の『MAGNIA 5100/S550』を出展。『同-500MHz』搭載の『MAGNIA 5100/S500』と併せて、出荷は5月上旬を予定している。


 
 日本ゲートウェイ2000(株)は、米国で17日(現地時間)に発表した企業向け『Gateway E-5250』を参考出展。日本国内では、4月下旬の発表を予定している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン