このページの本文へ

シー・エス・イー、Linuxにも対応したUNIX用ウイルス対策ソフトを発表

1999年03月11日 00時00分更新

文● 報道局 西川ゆずこ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)シー・エス・イーは、UNIX用ウイルス対策ソフト『Sophos Anti-Virus for UNIX』の販売を4月1日に開始する。対応しているUNIXプラットフォームは、AIX/RS6000、Solaris、DIGITAL UNIX、Linux、FreeBSDなど。価格はオープン。また、同社が提供しているウイルス対策ソフト『Sophos Anti-Virus for Linux』と『Sophos Anti-Virus for FreeBSD』個人ユーザーに限り、無償で提供する。同社のホームページからダウンロードが可能。さらに、コンテンツ管理を行なうセキュリティーソフト『MIMEsweeper』の販売を4月に開始する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン