このページの本文へ

インターコム、Java対応の端末エミュレーターを発表

1999年03月11日 00時00分更新

文● 報道局 原武士

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)インターコムは、Java対応の端末エミュレーター『FALCON 3270 for J-Platform』を発表した。これはブラウザー上でIBMメインフレームへアクセスするためのソフトウェア。クライアントは、JDK1.1に対応するブラウザーがあればOSに依存しない。また、サーバーでは、JDK1.1に対応するJava環境と、ウェブサーバーのみの環境で利用でき、ユーザーのアクセスのモニタリングも可能。端末エミュレーターの機能としては、ファイル転送、キーボードカスタマイズ、外字表示などをもつ。また、Windows環境のマシンにプリントソフト『FALCONプリンタ』を使うことでホスト印刷機能も付加できる。価格は1クライアントあたり3万9000円、販売は17日に開始する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン