このページの本文へ

シャープ、USB対応モデルなどスキャナー3モデルを発表

1999年03月08日 00時00分更新

文● 報道局 伊藤咲子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)シャープは、薄型フラットベッドスキャナー『JX-370』シリーズ3モデルを発表した。『JX-370U』はUSB対応モデル。『JX-370M』と『JX-370W』はSCSI対応で、それぞれMacintoshとWindowsに対応。価格は3万3000円。『JX-370』シリーズは、同社がUSBインターフェースをサポートする初めてのスキャナーとなる。



 インターフェース以外のスペックは3モデル共通で、読取り解像度は600dpi(最高3600dpi)、入力はRGB各12bit。A4サイズに対応し、本体サイズは幅260×奥行き427×高さ85mm、重さは2.9kg。ワンタッチで画像読み取りソフトの起動からプレビュースキャンまでを行なう『スキャンボタン』を採用している。スキャン速度は、『JX-370M/W』の場合、A4カラー原稿で約55秒(600dpi)、モノクロ原稿で約20秒(600dpi)。

裏から見たところ
裏から見たところ



 対応OSは、『JX-370W』がWindows 95/98/NT4.0、『JX-370M』が漢字Talk7.5.1以上。USB対応の『JX-370U』が、Windows 95/98/NT4.0およびMac OS 8.1以上。画像入力ソフト『SHARP TWAIN370』と『ScanJX3』、フォトレタッチソフト『Adobe PhotoDeluxe』、そのほかOCRソフト、画像管理ソフトなどを同梱する。発売日は、『JX-370M/W』が3月12日で、『JX-370U』が4月28日。

プリンタ事業部商品企画部副参事の市村常男氏 プリンタ事業部商品企画部副参事の市村常男氏



 プリンタ事業部商品企画部副参事の市村常男氏は「iMacにみられるPCエントリー層の拡大をにらみ、USBインターフェースの採用、オールインワンパッケージ、自動スキャンボタンの採用を決めた」と言う。なお、商品の売れ行きによっては、iMacカラーの筐体やFireWire対応も、検討したいとのこと。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン