このページの本文へ

三菱、画像処理システム向け人口網膜LSIを開発

1998年09月29日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 三菱電機(株)は、人口網膜LSI『M64283FP』を開発、10月にサンプル出荷を開始する。同製品は、人の網膜の概念を利用した画像センサーで、携帯情報端末やPC周辺機器、ゲーム機、セキュリティーシステムなどに利用可能。2次元データを1次元(X、Y方向)に変換し、画像の位置や形を検出できる射影機能や、必要な部分の画像データだけを撮像し、データ量を少なくして出力できるランダムアクセス機能を搭載する。サンプル価格は1500円で、'99年1月に量産を開始する。
http://www.melco.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン