このページの本文へ

富士通研究所、次世代WWW向けハイパーリンクエンジンを開発

1998年09月28日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 (株)富士通研究所は、次世代のWWW技術として注目されているXML(eXtensible Markup Language)のハイパーリンク機能を処理するエンジンを開発した、と発表した。このハイパーリンク機能は、Webページの中身とリンク情報を独立して管理できる“XLink”と、CD-ROMなどのメディアに格納されている情報への関連づけが行なえる“XPointer”という2つの機能からなっており、この2つが実用化されれば、コンピューターの情報処理の自動化は一層進むことになるという。なお、XLinkとXPointerの技術は、W3Cで、現在、標準化作業が進められている。
http://www.fujitsu.co.jp/hypertext/flab/News/1998/Sep/980923.html

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン