このページの本文へ

松下、CardBus対応のポータブルCD-ROMプレーヤーを発売

1998年09月28日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 松下電器産業(株)は、ノートPC用のポータブルCD-ROMプレーヤー(PCカードのSCSIインターフェースとCD-ROMドライブのセット)2製品を順次発売する。シルバーボディーの『KXL-820AN-S』は10月18日、ブラックボディーの『同-K』は11月9日に発売する。価格はいずれも4万5800円。CardBus(32bit)に対応しており、最大20倍速。インターフェースカードに32bit/16bit切り替えスイッチを搭載。16bitモード時にはPCカードスロットから電源の供給が可能(最大で6倍速)。また、ドライブ本体はSCSI-2に対応しており、デスクトップPCとの接続も可能。サイズは、S、Kとも幅130×奥行き162.8×高さ24.3mmで、重量は約345グラム。Windows 95/98/NT4.0対応。
http://www.panasonic.co.jp/panasonic-j.html

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン