このページの本文へ

日立、インターネット/イントラネット用スクリプト言語を開発

1998年09月24日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 (株)日立製作所と日立ソフトウェアエンジニアリング(株)は、インターネット/イントラネット用スクリプト言語『COBOLスクリプト』を28日に発売する。『COBOLスクリプト』は、COBOLの言語仕様をベースにしたスクリプト言語。JavaScriptなどのように、HTMLファイル中に記述する。サーバー用コンポーネントとWebブラウザー用インタープリターがセットになっており、価格は1サーバーにつき50万円。クライアント数には制限がない。対応OSは、サーバー用コンポーネントがWindows NT4.0、Webブラウザー用インタープリターがWindows 95/98/NT4.0。対応Webブラウザーは、Microsoft Internet Explorer 4.0以降。

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/9809/0924.html

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン