このページの本文へ

TODAY'S NON-STOP NEWS vol.2

1998年09月10日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


●キヤノンが、600万画素のプロ用デジタルカメラ『キヤノン EOS D6000』発売へ

 キヤノン(株)は、プロ用デジタルカメラの最上機種として『キヤノン EOS D6000』を11月に発売する。ボディーのみで価格は360万円。'95年12月発売の『EOS・DCS 1』の後継機だが、新開発の600万画素CCD(有効画素数:水平3040×垂直2008画素)を搭載したことにより、自然な色再現性を実現。また、ボディーの高さも174mmと従来機種よりも38mmも小さくなった。TypeIIのカードスロットを2基(または、TypeIIIを1基)と、IEEE1394端子を搭載している。重さは、バッテリーなしで、1650g。
http://www.canon.co.jp/



●本田技研工業、小型の電気自動車を利用した地域交通システムを発表

 本田技研工業(株)は、小型の電気自動車を利用した地域交通システムICVS(Intelligent Community Vehecle System)の、運用システムとICVS車両に関する技術を発表した。ICVSは、同社が提唱する次世代の交通システムで、限定された地域の会員が、小型電気自動車や電動アシスト自転車などを共同利用する、というもの。同社では、すでに栃木県の“ツインリンクもてぎ”で、8月より2種類のICVS車両で、一般試乗を開始しており、10月5日から、さらに2種類を追加、また、中央管制センターとICVS専用車両パーキングを設置して、現実の利用状況に即した運用実験を開始する。
http://www.honda.co.jp/

●シーキューブジャパン、MPEGとDVを統合するチップ『DVxpress-MX』を発表

 シーキューブジャパン(株)は、MPEGとDVを統合して使用するためのチップ『DVxpress-MX』を発表、12月より量産出荷を開始する。『DVxpress-MX』は、同社の“DVxアーキテクチャー”に基づいており、同チップを、編集用のビデオ用機材やビデオサーバーに搭載することで、MPEGとDVのビデオコンテンツを、シームレスに活用できるようになるという。
http://www.c-cube.com/what's_new/dvxmxfeature.html

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン