このページの本文へ

TODAY'S NON-STOP NEWS vol.1

1998年09月07日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


●米サンが『UltraSPARC』のロードマップを発表、2002年にはクロック周波数は最高1.5GHzに

 米サン・マイクロシステムズ社は、同社の64bitCPUの『UltraSPARC』3シリーズのロードマップを発表した。トップクラスの性能を提供するSシリーズでは、'99年にクロック周波数480MHzの『UltraSPARC IIs』を、また、2000年には『同 IIIs』(クロック周波数600MHzと750MHz)や『同 IVs』(1.0GHz)を、2002年には、クロック周波数1.5GHzの『同 Vs』を発売する。各種のシステムを1つのチップに搭載したプロセッサーを提供するIシリーズでは、'99年に『同 IIi』(400MHz、440MHz、480MHz)、2000年に『同 IIIi』(600MHz、700MHz)、2001年に『同 IVi』(1.0GHz)を発売する。ケーブル・モデムやネットワーク・インターフェースなどの機器に最適なプロセッサーを提供するEシリーズ『UltraSPARC e』では、'99年にクロック周波数300MHzの製品を、2000年には400MHzと500MHzの製品を発売する計画という。
http://www.sun.com/microelectronics/roadmap/


●キヤノンが、カラーバブルジェットプリンター『WonderBJ 430J Lite』を発売

 キヤノン(株)は、カラーバブルジェットプリンター『キヤノンBJC-430J Lite(愛称:WonderBJ 430J Lite)』を、18日に発売する。同製品は、6月に発売した『キヤノンBJC-440J』(価格4万4800円)の姉妹機で、同梱するカートリッジを使用頻度の高い『BC-21e』に限定することで、3万4800円という低価格を実現したという。Windows 3.1/95/98/NT 4.0に対応。
http://www.canon-sales.co.jp/BJ/



●コダック、デジタルカメラ2製品のファームウェアをアップグレード

 コダック(株)は、同社のデジタルカメラ『コダック デジタル サイエンスDC260 Zoomデジタルカメラ』と『同 DC220 Zoom』のファームウェアをアップグレードし、15日より、同社のホームページから無償ダウンロードを開始する、と発表した。新しいファームウェアのバージョンは1.04だが、機能的には1.03とほぼ同じで、1.02が搭載されているデジタルカメラのみアップグレードが必要になるという。起動時間の短縮、電源を切った際のレンズの収納手順の改善、最大16秒間の長時間露光の実現、光学ズームからデジタルズームへの移行時の手順の改善などが、新たに盛り込まれたという。
http://www.kodak.co.jp/news/980907a.shtml

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン