このページの本文へ

TODAY'S NON-STOP NEWS vol.4

1998年09月03日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


●オリンパス、B0サイズの出力に対応したインクジェットプリンターを発売

 オリンパス光学(株)は、54インチ幅(B0サイズ相当)の出力に対応したインクジェットプリンター『PJ5420』など4モデルを10月1日に発売する。PJ5420は、記録方式にピエゾ式カラーインクジェット方式(各色256ノズル)を採用。A0サイズを印字した場合、印字速度は、解像度360×360dpiの標準モードで約4分。独自のSIC(Super Image Controller)を開発し、PCからの転送速度の高速化などを図っている。印刷には、耐水性と耐光性の高い油性顔料インクとコート紙などの専用メディアを採用している。価格は、オープンプライス。
http://www.olympus.co.jp/



●コンピュータ・アソシエイツ、NetWare対応のバックアップソフトを発売

 米コンピュータ・アソシエイツ・インターナショナル社は、NetWare対応のバックアップソフト『ARCserve for NetWare J6.1』の出荷を開始した。従来製品である『ARCserve J6.0』のバックアップ、修復、障害復旧機能をアップグレードしたもの。アンチウイルスエンジンには、同社の『InocuLAN J4.0』の技術を採用。バックアップ時にウイルススキャンを行ない、感染したファイルを自動的に指定されたディレクトリに移動する機能を持っている。サーバー側の対応OSは、NetWare 3.12J/3.2J/4.1JとIntranetWare。価格は、ユーザー数無制限のARCserver for NetWare J6.1 Unlimited Editionが38万8000円など。なお、6.0Jのユーザーは無償アップグレード可能。
http://www.caj.co.jp/press/98sep/980901_asnw61.htm

●三菱、グラフィックオペレーションターミナル『F940GOTシリーズ』を発売

 三菱電機(株)は、PC(Programmable Contoroller)などの表示や制御を行なうグラフィックオペレーションターミナル『F940GOT』シリーズ2機種を発売した。発売されるのは、8色表示可能なSTNカラー液晶を搭載した『F940GOT-SWD』とSTNモノクロ液晶を搭載した『同LWD』で、解像度はともに320×240ドット。32bit RISCチップを内蔵し、FX2形シーケンサに接続した場合の応答速度は、従来機種の約4倍の0.16秒。価格は、SWDが12万3000円で、LWDが8万6000円。
http://www.melco.co.jp/news/1998/0901-b.htm#fuature

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン