このページの本文へ

システムソフト、家庭用ゲーム機市場に参入

1998年09月01日 00時00分更新

文● 報道局 西川ゆずこ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 これまでPC市場を中心に、ゲームからビジネスアプリケーションを開発・販売してきた(株)システムソフトは、家庭用ゲーム機市場に参入すると発表した。第1弾として発表するのは、プレイステーション版『ネット・スライダーズ(仮題)』。発売の予定は'99年の2月11日で、価格は6800円。



 「家庭用ゲーム機市場への参入は、これまでのPCゲーム、ビジネスアプリケーションに続き、事業の拡大として理解していただきたい。今後、家庭用ゲーム機向けタイトルを継続して発表する予定」と、同社代表取締役社長の佐藤隆治氏。

 「プレイステーション市場は、成熟ぎみで参入は難しいのではという意見もあったが、『ネット・スライダーズ(仮題)』は、新しいジャンルのタイトルであり、十分市場を開拓できると判断した」と同氏は、、市場参入への意気込みを語った。



 テーマは、“みんなの大戦略”、“自分探しの旅”。あらゆる情報がコンピューターネットワーク上で管理された近未来を舞台に、プレイヤーが16歳の高校生となり、近未来の電脳世界で繰り広げられるネットワーク上での戦いを疑似体験するというもの。ジャンルは、サイバータクティクス(仮題)。



 同社の代表的なPC用シミュレーションゲーム『大戦略シリーズ』を手掛けてきたアミューズメント製品部 マネージャーの石川淳一氏は、「当社がこれまで手掛けてきたシミュレーションゲームは、『大戦略』のように“難しい”という印象を与えるが、今回は、ゲームの内容が日常的に感じられるように、シミュレーション部分をなるべく簡素にしている。あくまでも予定だが、総プレイ時間は10時間から20時間を想定。プレイステーションに多いと言われる、ライトユーザーにも受け入れられるような内容にしていきたい」と語った。



 シナリオ監修は、ゲームデザイナー兼シナリオライターの桝田省治氏が担当。「“自分探し”がテーマで、キャラクター全員が自分探しをする内容になっている。シミュレーションの難度は、高くない。いい感じにできあがっていますよ」と、説明した。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン