このページの本文へ

台風を吹き飛ばせ!待望のiMac発売日秋葉原レポート

1998年08月31日 00時00分更新

文● 坂田 恵

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月29日土曜日午後3時、待ちに待ったiMacの販売が開始された。秋葉原では札幌や大阪日本橋、福岡と違い衛星中継はされず、販売する各店舗でもそれほど大掛かりなイベントは用意されていなかった。価格はどの店も17万8000円と同一で、メモリーやVRAMを増設したモデルを独自に販売しているところも多い。秋雨がちらほらする中、アップルがiMacに託した思いに応えるかのように、予想以上の人々が集まっていた。

T-ZONEアップル館

T-ZONEアップル館前には、実機をひと目見ようと人々が集まっていたT-ZONEアップル館前には、実機をひと目見ようと人々が集まっていた



 T-ZONEアップル館では、当日の午前9時の段階で、すでに200人が集まり整理券を配布し、午後2時前には、予定していた400枚弱の整理券はすべて配り終えていたという。今回T-ZONEでは、ノーマルモデルをT-ZONEミナミ館で、また、128MBに増設したモデル(配送販売のみ)をT-ZONEアップル館でと、別々の場所で販売していた。もちろん整理券も違っていた。

店内ではデザインを活かしたディスプレイがなされていた
店内ではデザインを活かしたディスプレイがなされていた



 午後3時を前に、店内では整理券を持った人たちが順番に並んで、3時きっかりの販売開始を待っている。また、店の前ではカウントダウンが開始され、にわかに集まった人垣からクラッカーなどが派手に鳴らされていた。

思いのほか盛り上がったカウントダウンの瞬間
思いのほか盛り上がったカウントダウンの瞬間



 整理券の1番で最初に購入していたのは、少し遅れてやってきた女性。もしかして、パソコン雑誌の編集者の方? ぴったりとカメラマンが張り付いていました。

おもむろに一万円札を数えて、現金で支払っていた1番乗り女性おもむろに一万円札を数えて、現金で支払っていた1番乗り女性

。この写真ではカメラマンが右端に少し写っているだけ

 店内で一番わくわくしていた整理券番号6番の永井さんにお話を聞いた。浅草から来た永井さんは40歳の会社員、「『パフォーマ5320』を使っていて調子が悪くなってきたので、友人に聞いたらiMacがいいよ、と言われたので1週間くらい前に買おうと決めました。マックを使う割合は仕事が7割、趣味で3割ってところです。先着順だと聞いたので、今朝の午前5時から並んで整理券をもらいました」と、おみこしが似合いそうな笑顔で答えてくれた。

これが永井さんの6番の整理券!
これが永井さんの6番の整理券!



永井さんの好きなタレントは紺野美紗子さん
永井さんの好きなタレントは紺野美紗子さん



T-ZONEミナミ館

 通常はWindowsマシンを扱っている、T-ZONEミナミ館だが、8階のイベントゾーンの様子もこの日ばかりは違う。山のように積まれたiMacの前に、整理券を握った人々が続々と集まり、当日持ち帰りOKのノーマルモデル(増設なし)を思い思いの方法で持ち帰って行った。

それぞれのご主人様のもとに連れられていくのを待つiMacたち
それぞれのご主人様のもとに連れられていくのを待つiMacたち



 ここでは、iMacを満面の笑みで購入した3人組に出会った。彼らはそれぞれ整理券番号が2、3、4と徹夜で並んでiMacを手に入れた。だが、3人とも、もともとの知り合いというわけでなく、それぞれこのiMacの行列の中で知り合い、意気投合してしまったという。写真の左から大学院生の高橋さん(マックは5台め)、中央が会社員でSEの花蔭さん(初めてのマック)、左が大学生の塚本さん(同じく初めてのマック)。「昨日の午後9時30分くらいから並んでました。一緒に並んでいる人達もとっても楽しい人ばかり。iMacからどんどん楽しいことが広がっていくみたいでうれしい!」とiMac発売の今日を思いっきり楽しんでいた。

iMacの行列の中で知り合い、意気投合してしまった3人組。左から大学院生の高橋さん(マックは5台め)、中央が会社員でSEの花蔭さん(初めてのマック)、左が大学生の塚本さん(同じく初めてのマック)
iMacの行列の中で知り合い、意気投合してしまった3人組。左から大学院生の高橋さん(マックは5台め)、中央が会社員でSEの花蔭さん(初めてのマック)、左が大学生の塚本さん(同じく初めてのマック)



 T-ZONEの広報担当は、アップル館だけでなくミナミ館でもiMacを発売したことについて、「いままでのマックユーザーだけでなく、Windowsマシンユーザーにとっても、とても魅力的なマシンだと思っています。気軽に見て触ることのできる場所に置いて、幅広い層の人々に知ってもらいたいのがiMacなんです」と語っていた。

ソフマップ秋葉原2号館

 ソフマップでは7月6日~8月19日までの3週間、予約受付を行ない、600台以上の事前予約を受けたという。当日販売も行なっており、午後4時ごろでも購入はできた。他にも大阪8号店、ギガストア横浜店、大宮店で発売し、インターネットや電話による通販などでも購入できるという。

入荷台数は4ケタ!?との話も聞こえてきたソフマップ入荷台数は4ケタ!?との話も聞こえてきたソフマップ



 各店とも購入者には景品としてiMacのポスターをプレゼントしていた。本体が売り切れ後でも、予約をした人にはTシャツをプレゼントしていたようだ。また、天候が悪かったこともあり、配送で商品を受け取る人が多かったようだが、各店とも持ち帰り用のためのビニールシートなど、雨に備えた準備は万全だった。
今回のiMacの発売は、午後3時からと異例のもので、各店とも開店直後に販売するよりも、準備や対応が大変だった、との声も多く聞かれた。

 なにはともあれ、無事に発売されたiMac。カワイイデザインで、熱狂的なユーザーを獲得して、今後、後続機種も期待される。対応の周辺機器が登場するまで、とりあえずはインターネットマシンとして、多くのユーザーにそのキュートな魅力を振りまいてくれることだろう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン