このページの本文へ

日立、ディスクアレイ装置『DF400』を発売

1998年07月08日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 (株)日立製作所は、オープンシステム向けのディスクアレイ装置『DF400』シリーズを発売した。最大536GBのディスクアレイ装置を4台使用して、最大2.1TB搭載できる。同社の従来製品『DF350』に比べスループットは約3倍。最大16GBの大容量キャッシュや、PowerPC 603e-200MHzを採用したディスクアレイコントローラーなどにより、高速化が図られている。



 Wide Ultra2 SCSI、Ultra Wide SCSI、ファイバーチャネルの3種のインターフェースを採用した。SCSIを最大8ポート、ファイバーチャネルを4ポート用意している。

 Ultra Wide SCSIに対応したディスクコントローラーを6台搭載し、1台を予備にあてたためコントローラーの故障が転送速度に及ぼす影響が少なくなった。GUIによるディスクアレイ装置の管理ツールを備えた。また、ネットワーク上の端末でWebブラウザーによる障害監視が可能。

 最大357GB搭載可能のキャビネットタイプは価格が550万円から。HDDベイが20、予備のHDDが1台搭載できる。最大536GB搭載可能なラックマウント用単体は604万円から。1台あたりHDDベイが30、予備のHDDが2台搭載できる。縦形ラックにはラックマウント用単体が2台、横形ラックには4台収納できる。出荷開始は20日の予定。(報道局 植草健次郎)

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/9807/0708.html

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン