このページの本文へ

マイクロソフト、電子メールおよび情報管理ソフト『Microsoft Outlook98 for Windows』日本語版を発売

1998年07月07日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 マイクロソフト(株)は、電子メールおよび情報管理ソフト『Microsoft Outlook98 for Windows』日本語版を25日に発売する。推定小売価格は1万1800円。『Microsoft Internet Explore 4.01』日本語版との総合環境において、情報管理機能を提供するのが特徴。インターネットを介した情報交換・管理を行なうことができる。



 これまでの電子メールの送受信や予定表作成機能などに加え、情報の一覧化、一元化を可能とする“Outlook Today”機能が追加してある。この情報参照機能により、現在未読のメール数、その日の予定や仕事のアイテムなど最新の情報が、同一画面上で確認することができる。これらの機能は、Outolookバーにある機能フォルダ ショートカット アイコンをクリックすることにより、切り替えることができる。

 また、これまでWebサイトを通じて提供されてきた“自動仕訳ウィザード”や“プレビューウィンドウ”を標準装備。複数のユーザーID、複数の署名などインターネットメールクライアントとしての機能も提供する。

 必要システムは、対応OSがWindows95/98、WindowsNT Workstation 4.0(Service Pack 3が必要)。CPUはi486-66MHz以上(Pentium以上を推進)、メモリーは、Windows95/98で16MB以上(24MB以上推奨)、NT4.0で24MB以上(32MB以上推奨)、HDD空き容量は60MB以上。

 なお同ソフトは10日に発売される総合ビジネスアプリケーション『Microsoft Office97 Powered by Microsoft Word98 for Windows』日本語版に含まれる。(報道局 清水久美子)

http://www.microsoft.com/japan/info/releases/0707outl.htm

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン