このページの本文へ

ソニーが、IEEE1394端子を装備したB5ファイルサイズの『VAIO』2機種を発売へ

1998年06月29日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 ソニー(株)は、Windows98をプリインストールし、IEEE1394端子を標準装備したB5ファイルサイズの『VAIO』2機種を7月25日に発売する。同社が“iLink”という名称で呼んでいるIEEE1394端子は、パソコンとハードディスクなどの周辺装置だけでなく、ビデオやオーディオなどのAV機器をつなぐインターフェースとして、期待されている。



 今回発表した『VAIO』2機種では、付属の静止画キャプチャーソフト『DVgatestill』により、IEEE1394端子を装備しているデジタルビデオカメラ/デッキから、静止画像を取り込むことが可能。また、タッチパッドの右側部分を上下に操作することで、カーソルを移動することなく上下操作が可能な“スクロール機能”や、付属のペンを使用してタッチパッドから入力した手書き文字を認識する“手書き文字認識機能”などが新たに搭載された。オープン価格だが、CPUにMMX Pentium-266MHzを搭載した『PCG-505GX』は30万円前後、CPUにMMX Pentium-200MHzを搭載した『PCG-505G』は25万円前後を見込んでいる。

(報道局 佐藤和彦)



2製品に共通の仕様


チップセット


430TX PCIチップセット


グラフィックアクセラレーター


NeoMagic MagicGraph128XD


ディスプレー


10.4型SVGA TFT液晶


ビデオメモリー


2MB


解像度


1677万色(800×600ドット、640×480ドット)


6万5000色(1024×768ドット)


HDD


2.1GB


メモリー


64MB SDRAM(マザーボード上に32MB、増設スロット上に32MB増設済み)


モデム


56Kbps(データ送信時は36Kbps)


インターフェース


IEEE1394端子1基、赤外線通信ポート(IrDA Ver1.1)×1基、USBポート1基、PCカードスロット(TypII)1基


サイズ


幅259×奥行き208×高さ23.9mm


重さ


1.35kg


http://www.sony.co.jp/soj/CorporateInfo/News/199806/98-060/index.html

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン