このページの本文へ

TODAY'S NON-STOP NEWS vol.4

1998年06月24日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


●シャープ、A5サイズの日本語ワープロ機を発売

 シャープ(株)は、A5サイズの日本語ワープロ機『カラーモバイルノート モバイル書院<WM-C100>』を7月3日に発売する。価格は12万8000円。8.2インチVGAカラー液晶ディスプレーを採用。最大640×480ドット256色の表示が可能。33.6Kbpsモデムを内蔵。サイズは幅237×奥行き167.5×高さ(前25、後35)mm、重量は約1030g(付属アルカリ乾電池単3形4個使用時)。アルカリ乾電池と増設バッテリーパック使用で最大18時間駆動が可能。
http://www.sharp.co.jp/sc/gaiyou/news/980624.htm



●インターネット技術研究委員会、第3回総会を実施

 インターネット技術研究委員会(ITRC)らが主催する研究発表会“第3回ITRC総会・研究会”が本日、滋賀・守山市で始まった。企業・大学関係者、学生など100名弱が参加。2泊3日の合宿形式をとり、インターネットに関する20本あまりの研究発表やディスカッションなどを実施する。本日のテーマは、“インターネットと放送”など。富士電機(株)の野村祐二氏は、TVニュースのビデオ・オン・デマンド実験を紹介した。これはサーバーに蓄積した日々のTVニュースを、ユーザーの好むと思われる順序に並べ替え、ユーザーは再編成されたニュースをいつでも見られる、というもの。キーワードでニュースの並べ替えを行なうため、ニュースはすべて手入力でテキスト化する(将来は音声認識を利用)。7月から1ヵ月間、大阪大学で運用実験を行なうという。
http://www.jain.ad.jp/itrc_sympo.html



●東芝が、家電リサイクル法に対応し廃家電の分解などの実証実験を開始

 (株)東芝は、関連会社の(株)テルムと共同で、廃家電製品などの分解の実証実験を開始した。これは、2001年4月に施行が予定されている“特定家庭用機器再商品化法(通称:家電リサイクル法)”に対応したもので、分解による再利用の実証実験を行ない、データを収集する。同法では、テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機の4品目のほか、パソコンも指定製品の対象となる見通し。
http://www.toshiba.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン