このページの本文へ

ネットワーク アソシエイツが、『Net Tools Secure』を発売へ

1998年06月22日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 ネットワーク アソシエイツ(株)は、システム用のウイルス対策ソフト『McAfee Total Virus Defense Suite』に、暗号/認証、不正侵入検知、セキュリティー監査、ファイヤーウォール防御などを行なう製品を含む『PGP Total Network Security』を追加し、『Net Tools Secure』として、'98年第3四半期中に日本向けに発売する、と発表した。

 システム全体のウイルス対策を行なう『McAfee Total Virus Defense Suite』は、クライアント用の『VirusScan』、ネットワークサーバー用の『NetShield』、グループウェアサーバー用の『GroupShield』、プロキシーサーバーやメールサーバー用の『WebShield』で構成されている。

 新たに追加された製品群である『PGP Total Network Security』には、暗号/認証を行なう『PGP』、ファイヤーウォールの『Gauntlet』(ガントレット)、不正侵入検知、セキュリティー監査を行なう『CyberCop』などの製品が含まれている。これらの製品は、米ネットワーク アソシエイツ社('97年11月に米マカフィー アソシエイツ社が、米ネットワーク ジェネラル社と合併して誕生)が、昨年末から今年5月にかけて、米Pretty Good Privacy社、米Trusted Information Systems社、米Security Networks社を買収することで、入手した製品である。



 Jeffrey R. Jones(ジェフリー・ジョーンズ)米ネットワーク アソシエイツ社マーケティングマネージャーは、「『Net Tools Secure』では、ウイルス対策ソフトから、暗号/認証機能、ファイヤーウォール、不正侵入、セキュリティー監査のすべてが揃っているので、ユーザーはセキュリティーシステム構築時の工程数を大幅に削減できる。価格の面でもユーザーはメリットを享受できるだろう」と述べた。また、同氏は、「すべての製品が、全世界で1位か2位の座を占めるように、営業を推進する」との方針も示した。

 第3四半期中にすべての製品が出揃うが、価格などは未定。(報道局 佐藤和彦)

http://www.nai.com/japan/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン