このページの本文へ

マイクロソフト、Windows98日本語版を7月25日に発売

1998年06月17日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 マイクロソフト(株)は、『Microsoft Windows 98』日本語版(以下:Windows98)、およびパワーアップキット『Microsoft Plus! 98』日本語版(以下:Plus98)を7月25日に発売する。推定小売価格は、Windows98が通常パッケージ2万4800円、アップグレードパッケージ1万3800円、Plus98が5800円。

発表会場に飾られたパッケージ発表会場に飾られたパッケージ



 今回のWindows98製品発表会は、世界に先駆けて行なわれたもので、冒頭で米マイクロソフト社の会長兼CEOビル・ゲイツ氏が壇上に立ち挨拶した。

壇上のしゃべるゲイツ氏壇上のしゃべるゲイツ氏



 同氏は「Windows98の英語版の発売から30日で日本語版を発売できることを誇りに思う。Windows98はWindows95にとってかわるだろう」と語り、「Windows98は、既存のWindowsユーザーの意見を反映して、アプリケーションソフトの起動時間の短縮や、Windowsとインターネットブラウザーとの一体化など、何千という改善を図った。Windows95はインターネットが普及する前に開発したのでそれほど重要なものではなかったが、Windows98は、インターネットとの統合を最優先として開発した」とインターネットの統合に力を入れたことを説明。「Windows98は、インターネットもローカルドライブも操作を統一し、同じように扱うことができる。これが大きな特徴だ。IEを組み込むことは、ユーザーにとって利益以外の何ものでもない」と強調した。さらに、「Windows98は、USBやIEEE1394に対応している。これにより家庭用電化製品とPCとのギャップを埋めることができた」と、Windows98がホーム向けであるというこれまでの主張を繰り返した。

 また、米司法省による独禁法訴訟に関し「ユーザーのニーズであるので、IEはOSに含むべきだ。この問題に関係なく当社は製品の開発、販売を続けていく」と強気の姿勢を見せた。さらに米国経済および日本経済の現状について「米国経済が好調なのは、ハイテク産業が引っ張ってきたからだ」とし、「日本経済も、通信インフラの整備や教育機間へのPCの導入など、新しい分野を刺激することで立ち直るだろう」と語った。

質疑応答場面質疑応答場面



 続いてWindows98のデモンストレーションが、同社代表取締役会長古川亨氏とビジネスシステム製品統括部プロダクトマネージャー横井伸好氏によって行なわれた。両者はWindows98の7つの特徴として、パフォーマンスの向上、ACPI対応、インターネットとWindowsの操作性の統一、USB対応、DirectX5.0搭載、DVD対応、マルチモニター対応を挙げ、それぞれ説明した。

 Photoshop4.0Jの起動時間をWindows98とWindows95で比較した。アプリケーションの起動時間は平均で36パーセント高速化しているという。次にACPIによるPCのスリープ状態からの復帰を実践、デモでは7秒で使える状態となった。また、USB対応ゲームパッドをふたつPCに接続し、両者でDirectX5.0対応のサッカーゲームを、ワールドカップフランス大会の第2戦(6月20日)のカードである日本対クロアチアで対戦して見せたほか、DVDソフト『スポーン』やマルチモニターを利用した『Flight Simulator』のデモを行ない、「Windows98によってPCの使い道はさらに広がり、シンプルに使いやすく、楽しいものとなった」と締めくくった。

 一方Plus98は、デスクトップテーマ18種類、『Microsoft Golf 1998 Lite』(英語版)、『スパイダーソリティア』、『Segasoft Lose Your Marbles』のゲーム3種類、デラックスCDプレーヤー、フォトレタッチソフト『Picture It! Express』、ウイルス対策ソフト『McAfee VirusScan』、ディスククリーンアップユーティリティー、ファイル/フォルダ圧縮ユーティリティーを搭載する。デラックスCDプレーヤーは、音楽CDの再生だけでなく、CDを挿入するだけで自動的にアーティスト名、CDタイトル、曲名などの情報をインターネットからダウンロードできるというもので、こちらも会場でデモが行なわれた。

 続いて、日本電気(株)社長金子尚志氏、ソニー(株)代表取締役社長出井伸之氏、富士通(株)代表取締役社長関澤義氏、松下電器産業(株)代表取締役社長森下洋一氏、(株)東芝取締役社長西室泰三氏、(社)日本コンピュータシステム販売店協会会長の(株)大塚商会代表取締役大塚実氏がそれぞれ挨拶し(東芝西室氏のみビデオ)、低迷するPC市場の活性化要因としてWindows98への期待を示した。なお、発表会後の会場にて松下の森下氏は「4月のPC売上は前年割れだったが、今年後半はWindows98効果で2ケタくらいアップすると思う。今年全体では企業売上は前年割れだろうが、店頭売上では伸び率は高くなるだろう」とコメントしている。

松下電器の森下洋一氏松下電器の森下洋一氏



 最後に同社代表取締役社長成毛真氏が壇上に立ち「Windows98は当社にとって3年ぶりの重要な製品で、米国より先に発表会を行なった」と挨拶し、製品の価格などを発表した。価格は「95と同じ価格にしたい」として、アップグレードパッケージの推定小売価格を1万3800円にしたと説明。出荷数は「最初の3カ月で個人向けに50万本は出るだろう」としている。

発表会最後、挨拶に立った全員が壇上に上がり、
発表会最後、挨拶に立った全員が壇上に上がり、


ゲイツ氏と握手を交わした

 PCメーカー各社はWindows98をプリインストールしたPCをWindows98と同時に順次発売する予定。出荷予定メーカーは次のとおり。

アキア(株)
エプソンダイレクト(株)
エプソン販売(株)
沖電気工業(株)
キヤノン(株)
コンパックコンピュータ(株)
三洋電機(株)
シーメンス(株)
シャープ(株)
(株)ソーテック
ソニー(株)
デルコンピュータ(株)
(株)東芝
日本アイ・ビー・エム(株)
日本エイサー(株)
日本ゲートウェイ2000(株)
日本サムスン(株)
日本ディジタルイクイップメント(株)
日本電気(株)
日本ヒューレット・パッカード(株)
(株)日立製作所
富士通(株)
(株)フリーウェイ
プロサイド(株)
マイクロン・エレクトロニクス・ジャパン(株)
松下電器産業(株)
三菱電機(株)

(報道局 桑本美鈴)

http://www.microsoft.com/japan/

 

Windows98プリインストールの各社PCが参考出展(左)Windows98プリインストールの各社PCが参考出展(左)


その中でも特に目を引いたシャープのミニノートPC(右)

おみやげの和菓子(Windowsの銘の入った桐箱入り)おみやげの和菓子(Windowsの銘の入った桐箱入り)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン