このページの本文へ

NECが、ネットワーク用プリンター『マルチライタ2050』を発売へ

1998年06月11日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 日本電気(株)は、A3用紙対応のネットワーク用プリンター『マルチライタ2050』を22日に発売する。



 同製品は、定期点検を行なう時期が来たときや、トナーが不足したときなどに、あらかじめ設定しておいたメールアドレスにEメールを自動送信する機能を搭載。また、別売りの『LANアダプタ(TCP/IP)PR-NP-03TR』(価格7万8000円)を使用することで、ネットワークのパソコンから電源のオンオフができるなど、システム管理者の負荷を削減するための機能が新たに搭載されている。

 同梱されている印刷管理ソフト『PrintAgent』をインストールする際には、システム管理者用とクライアント用を分離することができるので、各クライアントが設定を勝手に変えてしまうことを防止できる。また、WebブラウザーがあればPrintAgentをインストールしていないクライアントマシンからでも、印刷環境の設定や印刷状態の確認が可能。

 CPUにIDT製の64bitRISCプロセッサー『RV4640-100MHz』を採用、8MBのSDRAM(最大40MBまで増設可能)を搭載しており、印刷時間は、従来機種に比べて12パーセント短縮したという。解像度は、縦横とも600dpiだが、文字や画像の輪郭部分をきれいにするSET(Sharp Edge Technology)機能が搭載されており、1500dpi相当の解像度を実現している。

 価格は、13万8000円。また、『マルチライタ2050』と『LANボード(TCP/IP)PR-NP-01T』をセットにした『マルチライタ2050モデルN』を、8月末までキャンペーン価格16万8000円で販売する。

主な仕様

CPU:IDT製の64bitRISCプロセッサー『RV4640-100MHz』
メモリー:8MBSDRAM(最大40MB)
印刷方式:レーザービーム乾式電子写真方式
解像度:縦横とも600dpi、SET機能により1500dpi相当
印刷速度:A4=1分当たり約12枚、B4=1分当たり約7枚、A3=1分当たり約6枚
用紙サイズ:A3、B4、A4、B5、レターカット、はがき、往復はがき、OHP、封筒(洋形4号)など
インターフェース:IEEE1284準拠双方向パラレルインターフェース2基、RS-232C(別売り)、Ethernet(別売り)、赤外線インターフェース(別売り)、USBポート(別売り)
消費電力:動作時は最大630W、平均310W。節電モードは25W以下
サイズ:幅5200×奥行き5660×高さ3730mm(カセット伸長時、縮小時は奥行きが4950mm)
重量:18kg(本体のみ)

(報道局 佐藤和彦)

http://www.nec.co.jp/98/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン