このページの本文へ

NTTデータが、『GARBOS-Win』の販売でインテュイットと代理店契約を締結

1998年06月09日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 NTTデータ通信(株)は、同社が開発し3月16日した税務・財務統合ソフト『GARBOS-Win(ガルボス-ウィン)』の販売に関し、インテュイット(株)と総代理店契約を締結した。税務や財務のソフトの分野では、これまで専用機やオフコン向けが主流だったが、同ソフトは、WindowsNT上で動作する点が特徴。また、同ソフトは、インテュイットのパソコン用会計ソフト『弥生会計』(従業員30人以下向け)、『大番頭』(同30~100人向け)とのデータ互換性も有している。



 『GARBOS-Win』は、全国に約3万件ある会計事務所を販売のターゲットにしている。これまでは、会計事務所が使用してきた税務や財務のソフトと、会計事務所の顧客が使用する会計ソフトとの間にデータの互換性が無く、会計事務所が手作業でデータを入力する必要があったが、『GARBOS-Win』ではその問題は解消されている。インテュイットにとって、今回の提携は、パソコン用の会計ソフトとデータ互換性のある『GARBOS-Win』を会計事務所に販売していくことで、その顧客に『弥生会計』や『大番頭』などを売り込めるというメリットがあり、また、NTTデータにとっても、『GARBOS-Win』の販売を強化できるというメリットがある。

 インテュィットは、『GARBOS-Win』を初年度1000システムを販売、また、5年後に30パーセントのシェアを確保するとの目標を掲げている。(報道局 佐藤和彦)

契約書にサインをする、渡辺雅治NTTデータ通信(株)第三産業システム事業部長(左)と、鈴木茂人インテュイット(株)社長(右) 契約書にサインをする、渡辺雅治NTTデータ通信(株)第三産業システム事業部長(左)と、鈴木茂人インテュイット(株)社長(右)



・インテュイット(株)
 http://www.intuit.co.jp/

・NTTデータ通信(株)
 http://www.nttdata.co.jp/

・『GARBOS-Win』のニュースリリース
 http://www.nttdata.co.jp/profile/release/100312.html

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン